二匹の猫と2人娘と旦那とシンプルに生きる

かなり捨てて引越しても荷物が多くて、断捨離したいのに、なかなか進まず、娘たちの進学も考えないといけないのに、今まで真剣に生活してきたつもりなのに、貯蓄が…老後も考えると生活自体に疲れてしまう40代~~でも、楽しく生活したいなぁ~~~と思ってます。

ガン患者の想いはどこへ

今、叩かれている免疫療法…


国立がんセンターより
患者さんやご家族が、標準治療が使えなくなるなど治療の選択に困り、自由診療でのがん免疫療法(広義)を選択肢として考えるときには、その選択をする前に公的制度に基づく臨床試験、治験などの研究段階の医療を熟知した医師にセカンドオピニオンを求めることをお勧めします。


なんだかなぁ~~~


患者の立場に、立ててますか?って思ってしまう。


医者(担当医)は、
「ガン ステージ4ですね。延命治療のために抗がん剤しますか?」


って、カルテみながら言い放つ…
まぁ、良心的なお医者さんは、せめて目を見て、同じ台詞をいう。


ガンと告知され、頭の中が真っ白の患者と家族に、
こんなにいとも簡単に言うのである。
そして、次に続く言葉は…
「抗がん剤は、副作用がありますし~~~、全ての人に効くわけではありません。」
もう、患者と家族は思考停止ですよ。


そして、進行ガンであればあるほど早い段階で決めなければならないのに、

「公的制度に基づく臨床試験、治験などの研究段階の医療を熟知した医師にセカンドオピニオンを求めること」?????

どこの熟知した先生へセカンドオピニオン???しろ?と、素人が解るはずがない…
解ったところで、たぶんそんな先生は忙しく予約さえままならない…
大体、セカンドオピニオンしますか?って、効く担当医もいない…
セカンドオピニオン自体が、いまだ難しいと思ってしまう私…


優しい言葉巧みな先生の免疫療法を選ばないでください???
ならば、どうして拠点病院で高額な医療でも始めようとしているのか???
これから先、光明が少しでもあると思う先生方が行っているのではないか???
まぁ、この前逮捕された医者みたいな人もいるので…
それは、気をつけねばならないが…
抗がん剤はすべての人に効く薬ではない???


迫りくる死への恐怖の中にいる患者と家族が、考え答えを出すなら
もうそれは患者の治療の自由選択…
つまり、その時出会う医者、本、知人の助言など…
に、よって命が左右されるということだ。


だから、自由に選んでくださいと、国は言えば良いのではないだろうか???


免疫療法を行う拠点病院ウンヌンとか、標準治療すべきだとか…の枠を超えて、
どちらも患者さんの命を大切に思って行ってきた行為だと思いたい???
医者になった志は同じはずなのに~~~
医者は、たがいに連携し合えないものなのだろうか?


お金が絡むと、医者も患者もみんな…変貌する









予防接種と抗生剤に弱い猫

我が家の猫の1匹は、
1回目の予防接種の時には付き添い?は、
まだ我が家の猫でなかったから、
付き添いしていなかったので解りませんが…


2回目の予防接種に時は、熱は出る、
ぐったりなるのでかなり焦りました(;'∀')
1日食事しかなったです。


そんな猫の避妊手術をさせたので、
すごくすごく心配してしまいました。
夕方すごく元気に帰ってきた時には、ホッとしました。


が、次の日にはぐったりぐったり
立ってもフラフラしててビックリしました。
お昼には動物病院へ走り、
昨夜は走り回ってたのにと、先生へ伝えました。


もしかしら錠剤の抗生剤が合わないのかもと~~~
別の種類の抗生剤を貰ってかえりました。
しかし、次の日には、さらにフラフラ、
熱もあり本当に心配で、
また病院へダッシュして朝一番に連れて行きました。


抗生剤がさらに合わないのかもしれないので、
すっかり辞めてみましょうって( ;∀;)
止めると同時に、少しずつ元気になりました。
本当にホッとしましたね。
本当に我が子を育てている気分です。


でも、退院時に先生より
腎臓弱いので気をつけてあげてくださいね~~~と、
エサを腎臓疾患初期用に変えました(^_-)-☆
その餌にしてから、さらに元気になりました。


腎臓の血液の数値が悪い???
道理で大人しい猫だと思いました。殆ど寝てました。
猫って本当によく寝るのだと、感心していましたが、
病気?だったのです。
初めて飼うので、よく解らなくて~~~ごめんね。


今では、うそのように走り回って、昔より寝てる時間減り
まとわりつく時間も増えました。


元気にいてくれるといいなぁ~~~



真菌症だった我が家の子猫

我が家は、近くのペットショップで猫を買いました。


知っていますか?


ペットショップの売れ残りの犬猫は殺処分されることを…|д゚)


ペットショップにおける売れ残り全てに、
里親を探してもらえるなんてことはなく、
昔は、売れ残りが殺処分となっていましたが、
業界全体でも徐々に改善されてきたと言われています。


ですが、やはり一番は、新たな里親を探してあげることですよね。
それなのに、一部の悪徳といえるペットショップなどもあり、
店の名を隠し、個人として保健所に持ち込む人間も未だいるようです。
また、殺処分とはならずとも、
ペットショップから悪徳なブリーダーの元に引き取られてしまうと、
通常の繁殖サイクルに関係なく、
劣悪な環境の中で機械のように繁殖を行わされ、
生き地獄のような生活を送るはめになる場合もあるそうです。


そう思うと、
保護猫もペットショップの猫もなんら変わりがないと思うのです。


違いは購入金額でしょうか?
あと保護猫だと、いろいろある条件をクリアしなけれないけないけれど
ペットショップだと、そこはお金で解決でしょうか?
いろいろと忙しい我が家では、保護猫譲渡会にも何度か行きましたが
なぜか猫との相性がいつも合わなくて…もう諦め状態の日々の中
保護猫譲渡会の帰り道、ペットショップに寄った


そこの子猫との、相性が良くて…
絶対その猫を飼うと言い始めた…
でも、問題は、な、な、なんと皮膚が抜けてい箇所が~~~
(写真から、わかりますか?)
そのため、ペットショップでも一番人が見ないであろう場所の片隅にいた子猫
お店の人に病名を聞き、これからの治療方法を聞き
一度家に帰ってから家族で決めますと言って…
すぐに持って帰りたい娘をなだめて
帰ってきた(;'∀')


インターネットで、ペットショップの売れ残り猫のその後の事や
小猫の病気のことを調べて調べて調べて~~~


人にもうつるとか言われている真菌だと確定して、
そのリスクなども調べに調べて~~~


リスクがあるのに、やはり娘は諦められないようで~~
治るかどうかも解らないのに、飼うことにしました。


毎日、シャンプーしたり、薬を飲ませたり
3か月間は、本当に手がかかりました。
しかも、遊びと食事以外はケージに隔離して
あまり甘やかしてあげられなかった~~
あまり写真も撮ってあげられなかったけど
今では元気いっぱいに育ってくれてホッとしています。


とても人なっこくて、穏やかで、やんちゃで
茶目っ気たっぷり


我が家でスヤスヤ寝むてれ幸せかしら?